ヒマラヤ山脈

パワーストーンファンに人気のヒマラヤ水晶。水晶の産地はたくさんあります。でもなぜヒマラヤ産がこれほど人気があるのかふしぎですね。

ヒマラヤはパワースポット。神々の聖地。と聞いたことがある人は多いと思います。でもヒマラヤの魅力はそれでだけではありません。

人々を惹きつける何かがあるようなんです。

 

世界一高い場所 = 宇宙に一番近い場所

7000mを超える山が100以上ある

ヒマラヤ山脈の位置

ヒマラヤ山脈は世界で一番高い場所。ブータン、ネパール、インド、チベット(中国)、パキスタン。5つの国にまたがる巨大な山脈です。世界一高いエベレスト山(8850m)をはじめ8000mを超える14の山があります。7200mを超える山は100以上あります。しかも今もヒマラヤ山脈は成長し続けているのです。

 

世界で一番高い山脈

ヒマラヤ以外にも高い山はいくつもあります。ところが、7000mを超える山は世界中探してもヒマラヤ山脈しかないんです。

世界中の大陸にある山とくらべてもヒマラヤ山脈の高さはきわだっています。ヨーロッパのアルプス山脈は最高4810m。北アメリカのロッキー山脈は4401m、南アメリカのアンデス山脈が6961m、アフリカのキリマンジャロ山が5895m。南極のエルスワース山脈が4892mなんです。ヒマラヤ山脈が世界でもずば抜けて高い山脈なんです。

世界で最も高い山々がつらなる山。だから世界の屋根とよばれるんですね。世界で一番高い場所ということは。宇宙に一番近い場所ですよね。それだけでも特別な場所なんだと思えてきます。

 

ヒマラヤは神々が住む聖地

聖地ヒマラヤ

神々が住む聖地

ヒマラヤ山脈の魅力は高さだけではありません。古来より聖なる山といわれ、神々の住む山と考えられてきました。古来インドではヒマラヤ山脈は神が住む山と考えられていました。ガネーシャー、パールバティ。神々の名にちなんだ地域があることからも神聖な山々と考えられてきたことがわかります。

日本人が富士山に特別な気持ちをもち、山そのものを御神体にする神社があるように。ヒマラヤ山系に住む人々も、ヒマラヤは神々の住む山だと考えているのです。

そして現代人にもパワースポットとして人気があります。聖なるヒマラヤ山脈から産出する水晶には神秘的なエネルギーが宿っているともいわれます。

 

水晶を掘りに行くのも大変な苦労

カラコルム

実際に水晶を採掘している場所は山頂ではありません。さすがに8000mや7000mの高い場所で水晶をとることはありません。でも低いところでも1000m以上。高いところでは5000mもの高い場所で採掘しています。採掘場所に行く道中も険しい山道を通らなければなりません。重機が入れる場所ではなく。人間が手で掘っています。だからたくさん取れるわけではありません。多くの時間と人手がかかるのに大量に採れるわけではありません。だからとても貴重なのです。